ドリームスポーツ Athletic clubとは

デュアルキャリア

社会情勢が変化する、2020年に発足したクラブです。
現在、日本陸上界での競技継続状況は厳しい現状です。
日本のトップ選手までもが、大学卒業後にチャレンジする場も少なくなっています。
トップ選手の継続が厳しいのであれば、もちろんそれ以外の選手の行き場もない現状…。
「自分の力をもう少し試したい」
「大学生活は怪我で本来の力を発揮できなかったから…」
「日本選手権で入賞したい」
と満足、納得し競技生活に終止符を打ってほしいという願いで、
ドリームスポーツ Athletic clubを立ち上げました。
トップ選手だけでなく、「あきらめない気持ち」「目標」を持っている選手のために活動します。

また「ただ競技をやる」だけでなく「社会に通用する人間」に成長してほしいとも考えています。

〇競技向上
〇社会人としてのマナー
〇コミュニケーション能力向上
〇発想力

デュアルキャリア[業務+アスリート]として成長をサポートしていきます。

 
選手紹介

 

細田 真央[Hosoda mao]

【最終学歴】
 日本体育大学 体育学部 体育学科
【出身】
 長野県

【生年月日】
 平成9年6月14日
【種 目】
 七種競技
【ベスト記録】
 5036点
【主な戦績】
 2019年:TOKYO Combined Events Meet 入賞
 2020年:日本選手権混成 入賞
 2018.2019年:日本学生インカレ 出場
 
2018.2019年:関東学生インカレ 出場

■高校時代、インターハイ出場するも思うような結果がでず、大学進学。大学進学前に怪我をし1~2年生でも怪我との戦いで過ごす。
しかし、大学3年生で徐々に良いパフォーマンスが出るようになり、結果を求めれるようになりました。
大学生活での悔しい思いを背負い、社会人での競技続投を決意。
「必ず日本選手権で入賞」を胸にチャレンジ。
その結果、2020年の日本選手権では、地元開催でもある長野県で入賞を果たすことができました。

 

田中 廉人[Tanaka rento]

【最終学歴】
 日本体育大学 体育学部 体育学科
【出身】
 神奈川県

【生年月日】
 平成11年1月26日
【種 目】
 十種競技
【ベスト記録】
 7060点
【主な戦績】
 2020年:日本選手権 混成競技 出場
 2020年:関東学生インカレ 優勝

 2019~20年:日本学生インカレ 出場
 2018~20年:関東学生インカレ 出場


■高校時代、インターハイ4位入賞という実績を抱えて大学進学。大学1~3年生では、怪我のため思うような成績が出せず、大学4年で、持ち前のポテンシャルをようやく発揮。
デカスロンの仲間入りと言われる7000点台へ突入。これからというところで大学を卒業。
「まだまだやれる!」という気持ちで社会人陸上にチャレンジ。
今後の飛躍に期待です。


 

名蹴会セカンドチャレンジサポート


ドリームスポーツAthletic clubは「名蹴会セカンドチャレンジ」のサポートを受けています。
選手は「NPO法人ドリームスポーツ」所属で、様々な企業様よりサポートを受けて選手の継続をしています。